THE 名探偵

タグ
シリーズ
  • 新書判248ページ
  • 2014年08月28日発売
  • 本体価格 950円+税
  • ISBN 978-4-408-60687-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
THE 名探偵

内容紹介

日本のミステリーはここから始まった!

明智小五郎、神津恭介、中村雅楽……ミステリー界の巨匠たちが生み出した名探偵がこの1冊に集結! 探偵小説の魅力が満載の短編集です。カバーイラストは、アニメーター・イラストレーターとして若いファンに絶大な人気を誇る田中達之氏。彼の独特な世界観が時代を超えた物語の面白さを存分に引き立ててくれます。

目次

江戸川乱歩「心理試験」
シリーズ第2作目にあたるこの作品で、明智探偵は狡猾な犯人を鋭い洞察力で追い詰めていく。

角田喜久雄「五人の子ども」
メグレ警視を意識して作られたという加賀美啓介警部。警視庁の捜査一課長ながら、自ら歩き回って事件を解決する彼がが遭遇した事件の真相とは!?

高木彬光「性痴」
法医学者であり、日本の3大名探偵の一人、神津恭介が挑むのは、性に奔放な女性を巡る事件。

福永武彦「温室事件」
「誰だろうかい」のアナグラムになる加田伶太郎名義で福永武彦が発表したのが、古典文学科助教授の伊丹英典。シリーズ第3作の今作では、西伊豆で起きた密室殺人に挑む。

仁木悦子「灰色の手袋」
理学部植物学科の大学生でノッポの兄・仁木雄太郎と、ちょっと体重オーバー気味の妹・悦子のコンビが、ミステリーの新しい時代にふさわしいさわやかな活躍を見せる。

戸板康二「團十郎切腹事件」
江戸時代末期の人気役者、八代目市川團十郎の死を巡る謎に、歌舞伎の老優・中村雅楽が迫るベッドディテクティブの名作。