猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

タグ
シリーズ
  • 四六判180ページ
  • 2014年04月29日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-59411-8
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

内容紹介

本好きには、「紙」で読みたい本がある。

孤高を愛する人(と猫)のための、少しくせものな≪猫≫短篇集。
1982年発行の≪猫≫をテーマにしたアンソロジー『猫は神さまの贈り物』を<小説編>、<エッセイ編>に分冊。さらに新たな作品を追加し改訂復刊!

森茉莉、谷崎潤一郎、小松左京、木村荘八など、読書家垂涎の個性派作家たちが描く、一癖も二癖もある≪猫≫と、それを取り巻く少しあまのじゃくな人間たち。読後はまるで、心の深部を猫の舌でざらりと舐められたような、ひりっと不思議な味わい。

本改訂版では寺田寅彦や昭和初期の動物心理学者・黒田亮などの隠れた名エッセイを新たに収録。人気美術家・ミヤケマイの木版画によるカバーも美しい、頬ずりして愛でたくなる珠玉の2冊! 紙の本を読む楽しみを、まずはお手軽なソフトカバーで。

目次

【収録作品】(掲載順)
谷崎潤一郎 『猫と犬』『猫──マイペット』
奥野信太郎 『養猫記』
木村荘八 『我猫記』『私の猫達』
寺田寅彦 『舞踊』
大佛次郎 『お通夜の猫』『山寺の猫』『ここに人あり』
豊島与志雄 『猫性』
白石冬美 『桃代の空』
吉行淳之介 『モテる系統のネコ』
長部日出雄 『家なき猫たち』
山本容朗 『ネコと戌年作家』『ネコ派』
熊井明子 『私の猫がいない日々』
夏目漱石 『猫の墓』
中村眞一郎 『私の動物記・猫』『猫の災難』
柳田國男 『猫の島』
山崎朋子 『わが家のライオン』『猫の引っ越し』
黒田亮 『猫にマタタビの誘惑』
島津久基 『銀の猫』