鉄砲無頼伝

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判372ページ
  • 2017年12月05日発売
  • 本体価格 722円+税
  • ISBN 978-4-408-55397-9
    • 発売予定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
鉄砲無頼伝

内容紹介

戦国乱世を撃ち抜く根来鉄砲衆の痛快なる戦い!

日本最初の鉄砲集団を率いた男。
戦国乱世を撃ち抜く根来鉄砲衆の痛快なる戦い!

火縄銃が日本の戦を変えた!
乱世を撃つ快男児の生きざま

1543年に鉄砲が伝来して間もなく、紀州の根来衆、
津田監(けん)物(もつ)は種子島で弾丸が的を撃ち砕く様を目の当たりにする。
監物は銃の大量製造を実現、僧兵たちを率い日本最初の鉄砲戦闘集団を組織する。
傭兵として細川、三好ら戦国大名のもとを渡り歩く、壮絶にして豪快な戦いの日々。
国の世に銃声を轟かせた男の生きざまを描く、著者渾身の戦国歴史小説。

解説/縄田一男