文豪エロティカル

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判272ページ
  • 2017年08月04日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55380-1
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
文豪エロティカル

内容紹介

文豪の独創的な表現が想像力をかきたてる!

文豪の独創的な表現が想像力をかきたてる!
10人の文豪が描く「永遠のエロス」

性愛を題材にした文学の歴史は古く、弾圧が厳しい時代をも乗り越え、現代に至っている。
本作は川端康成、太宰治、坂口安吾など、
近代文学の流れを作った10人の文豪によるエロティカル小説集。
少女愛、フェティシズム、人妻、同性愛、スカトロジーなど多彩な作品をラインナップ。
視覚を重んじる現代エロスとは異なり、五感を刺激する名作集だ!

解説/末國善己

【収録作品】
田山花袋「少女病」
川端康成「舞踏靴」
堀 辰雄「燃ゆる頬」
太宰 治「満願」
谷崎潤一郎「青塚氏の話」
織田作之助「妖婦」
芥川龍之介「好色」
森 鷗外「魔睡」
坂口安吾「戦争と一人の女」
永井荷風「人妻」