稲妻を斬る

タグ
シリーズ
  • A6判288ページ
  • 2014年08月05日発売
  • 本体価格 556円+税
  • ISBN 978-4-408-55182-1
    • 在庫あり
稲妻を斬る

内容紹介

怒涛の連続刊行第一弾!

剣は滅法強いが、金と女にちと弱い。そんな目付影働き・青井市之介が、最強の敵に決闘を挑む!! 神田川沿いの樹蔭で、八丁堀同心の亡骸が見つかった。左腿と首が無残に斬り裂かれている。下手人は腕の立つ武士だ。殺された同心は、行徳河岸にある廻船問屋・本田屋の強請の件を調べていた。その裏には、御目付も恐れる巨悪の影が――。市之介は、朋友・糸川俊太郎、糸川の配下・佐々野彦次郎と探索に乗り出す。下手人は、必殺の剣「草薙の太刀」を操る強者だった。非役の旗本・市之介が巨悪に迫る。著者の鳥羽亮氏は「正義の剣と家族や友とのふれあいを楽しんで下さい」と語る。『残照の辻』『茜色の橋』『蒼天の坂』『遠雷の夕』『怨み河岸』に続く、大人気シリーズ「剣客旗本奮闘記」第六弾! 文庫書き下ろし。

目次

第一章 暗殺
第二章 筒井屋
第三章 草薙の太刀
第四章 巨魁
第五章 野望
第六章 雷雲