英雄たちの装備、武器、戦略 三国志武器事典

タグ
シリーズ
  • 全書判192ページ
  • 2017年07月07日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-45649-2
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
英雄たちの装備、武器、戦略 三国志武器事典

内容紹介

豪傑だけではない! 叡智を競った武具こそ、三国志の魅力!

豪傑だけではない! 叡智を競った武具こそ、三国志の魅力!

「三国志」は魏・呉・蜀の三国による国盗りの歴史であり、多くの合戦が行なわれた。
官渡の戦い、赤壁の戦い、五丈原の戦い。
そして、そこにはさまざまな武器――剣や槍、楯、鎧だけでなく、馬具や船、輸送車など、
戦に関わる道具はまさに千差万別である。
こうした武器にこそ、古代中国の智恵や工夫が垣間みられる。
三国志の魅力は決して、ストーリーや武将だけではないのだ。
武具から見ると、またひと味違った三国志を知ることになるだろう。

【本書の内容/収録武具】
■序章 三国志の舞台
三国時代のはじまり/曹操・孫権・劉備の三者が覇権を争う/三国鼎立と三国時代の終焉

■第一章 斬る・刺す・殴る
三国時代の主要な武器のひとつ【刀】/ 当時の日本にも贈られた両刃の武器【剣】/
歩兵が常備した長兵器【矛】/曲がった先端が特徴的な武器【鉤】/
折れにくくするために大きくなった【大刀】/紀元前10世紀から使われた中国伝統の武器【戈】/
戈と矛を組み合わせて殺傷能力を上げる【戟】/諸葛亮が考案したとされる矛に似た武器【槍】/
しならない金属製の打撃用武器【鞭】/てこの原理で相手に大ダメージを与える【錘】/
暗殺用の武器としても使われた短剣【匕首】/三国時代に大活躍した投射兵器【弓】/
相手に投げつけて使用するひも状の兵器【流星錘】/扱いが簡単だった器械仕掛けの弩連【弩】/
車両に搭載した大型の弩【床子弩】/祝融夫人が打てば百発百中【飛刀】/
関羽の魂を受け継ぐ青龍を備えた大刀【青龍偃月刀】/
攻防を両立させた三国志最強の象徴【方天画戟】/古代中国を代表するポピュラーな武器【方天戟】/
劉備とともに戦場を駆けた2本の剣【雌雄一対の剣】/天帝を守る北斗七星【七星剣】/
殺傷力を高めた張飛愛用の武器【蛇矛】/猛将徐晃が振り回した長柄の斧【大斧】/
趙雲に奪われた切れ味抜群の曹家の宝剣【青釭の剣】/
関羽と引き分けた紀霊が愛用した長刀【三尖両刃刀】/
天をも貫き曹操の覇道を支える【倚天の剣】/江東の虎にこそふさわしい古代の刀【古錠刀】/
三国志を彩る二刀流【双刀】/天才軍師を象徴する蜀漢軍の要【羽扇】/
京劇から誕生した五虎将軍黄忠の武器【象鼻刀】/腕力を誇示する蛮王沙摩柯の得物【鉄疾藜骨朶】/
風紀引き締めのために曹操が使用【五色の棒】/穂先が3又に分かれた投擲兵器【飛叉】/
コラム 三国時代の騎兵と歩兵

■第二章 走る・動かす
戦場を駆け巡った貴重な相伴者【馬】/南蛮の異民族が使った巨大動物【象】/
脇役に追いやられたが使い道はあった【戦車】/諸葛亮が編み出した「八陣」のひとつ【車蒙陣】/
各地を走った重要な移動手段【馬車】/三国志の貴族層が乗った馬車【軒車】/
三国志には珍しい西羌軍の戦車部隊【鉄車兵】/敵情視察に使われた移動式兵器【巣車】/
堀をわたるためのはしご車【壕橋】/口から火を吐く諸葛亮が発明した張り子の虎【虎戦車】/
馬鈞が作ってみせた伝説の器械【指南車】/兵糧運搬に革命を起こした諸葛亮の発明品【木牛】/
スイッチひとつで動き出す幻の輜重車【流馬】/コラム 三国時代を代表する名馬

■第三章 守る
鎧をもたない兵士が手にした防御兵器【木盾】/兵士を守る大きな盾【幔】/
董卓に投げつけられた象牙の板【笏】/急所であるわきの下を守る画期的な発明【筒袖鎧】/
水に強いが火に弱い【藤甲】/「護心」が兵士の心臓を守る【明光鎧】/
騎兵用の動きやすい鎧【裲襠甲】/馬の全身を覆った金属製の鎧【馬甲】/
敵の進軍を阻む古典的な障害物【拒馬槍】/前進と後退を告げる楽器【鉦と鼓】/
コラム 演義の人たちが読んだ書

■第四章 水上を走る
水上戦を指揮する大型船【楼船】/敵艦に突っ込み大ダメージを与える【艨衝】/
水上戦の主力となった重装備船【闘艦】/呉の水軍で大活躍した戦船【露橈】/
スピード重視の小型船【走舸】/赤壁に曹操軍を破った最後の切り札【火船】/
呉の水軍が活用した船を引っかける【鉤鉤拒】/コラム 古代中国の艦隊編成/
コラム 三国志の海戦赤壁の戦い/コラム 三国時代の河の渡り方

■第五章 城を攻める・守る
官渡の戦いに登場する雷鳴の如き投石機【霹靂車】/
城壁を乗り越えるための巨大なはしご車【雲梯】/大量生産が可能な古代のはしご車【塔天車】/
城門を打ち破る中国の破城【槌衝車】/移動する巨大な攻城兵器【井蘭】/
敵を足止めする古代の撒菱【疾藜】/城の上から投げ落とし、敵の兵器を砕く【石臼】

三国志関連年表
索引