スクエアグリップでやり直せば飛ばしも寄せも驚くほど上達する!250ヤード越えゴルファー続出! ベタピン率が劇的アップ!

タグ
シリーズ
  • 全書判176ページ
  • 2017年03月28日発売
  • 本体価格 980円+税
  • ISBN 978-4-408-45634-8
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
スクエアグリップでやり直せば飛ばしも寄せも驚くほど上達する!

内容紹介

プロのような球筋が打てる!

ゴルフに行き詰まったあなたが、ゴルフをやめたくなったあなた、最後に読む本です!

フックグリップはスイングを簡単にしました。それは事実です。
あらかじめフェースを閉じた状態でクラブをカラダと結びつけることで、
「インパクトゾーンでフェースが開きやすい」というゴルフスイングのむずかしさを
克服する近道ができました。

でも、フックグリップにすることで、また別のむずかしさもこっそりと出てきていたのです。
たとえば、肩が十分回っていかず手で上げてしまう、クラブを上げる方向がわからなくなる、
オーバースイング、チーピンやプッシュアウト、さらには克服したはずのスライスが出るケースも。

世界のトッププロの中には、フックグリップの選手は多くいます。
でも彼らは豊富な練習量とうらやましいほどの素質、体格、筋力をもってフックグリップの
デメリットを乗り越えているだけなのです。
しかもその多くは、プッシュアウトの危険と隣り合わせで戦っています。

フックグリップのスイングは、インパクトまでに力を使い切ってしまいます。
「手を使わなければ曲がらない」かもしれませんが、手や腕、肩の筋肉の動きを抑えてしまえば、
飛ばすための力は激減します。
腕力が十分にある間は飛ばすことができますが、
年齢を重ね、力が落ちるとともに飛距離がどんどん落ちていきます。
練習量が少なくなったとき、あるいは筋力が衰えてきたときにどうしましょうか?

まだ間に合うのです。
「スクエアグリップ」でスイングの本質を追求すれば、飛距離は伸ばせます。
ゴルフクラブでボールを狙ったところへ落とす楽しさも手に入ります。

スクエアグリップにすると、なぜ飛ぶようになるのか。なぜ曲がらなくなるのか。
なぜ気持ちよく振り切れるようになるのか。なぜ美しいスイングになるのか。
それはカラダの構造、クラブの構造にとって合理的だからという理由につきます。
スイングが今まで以上にシンプル、かつ、カラダに自然で、合理的で、
すべてにつじつまが合ってくるため、納得づくで動けるようになります。

とくに飛距離が落ちてゴルフが楽しくなくなってきている方は、
すぐに読んで、実行してください!