鹿児島「地理・地名・地図」の謎意外と知らない鹿児島県の歴史を読み解く!

  • 原口泉 監修(ハラグチイズミ)
タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2014年12月18日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-45538-9
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
鹿児島「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

日本国歌「君が代」は鹿児島県が発祥の地だった!?

「鹿児島県の鉄道の玄関口を『西』に奪われてしまった鹿児島駅」
「『凱旋門』が日本にもあった! 姶良市の山間に立つ門はいつ出来た?」
「龍馬とお龍の鹿児島旅行は本当に新婚旅行だったのか?」
「忘れられた名族の名残? 全国屈指の難読地名『頴娃』」
「日本最強武将の超怪力によって喜界島に泉が湧き出た?」
「合戦上手の一族なのに城がなぜ手薄? 島津氏の本拠地・鹿児島城」
「どちらから読んでも『志布志』 実は天智天皇が名づけ親」
「『薬島』?『ヤック島』?『益救島』? 屋久島の由来はどれが本当?」

……など、鹿児島県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介。 県民も驚く、雑学ネタが満載の本。

目次

第1章 鹿児島県の意外な「スゴイ」
第2章 薩摩生まれの名物と近現代の鹿児島
第3章 薩摩の歴史を動かした島津氏と西郷隆盛
第4章 地名の由来となった伝承・歴史あれこれ
第5章 火山と南国の気候が作り出す地理的特徴
第6章 伝説や伝承から紐解く鹿児島の現状