山口「地理・地名・地図」の謎

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2014年12月18日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-45536-5
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
山口「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

長州藩の藩都は萩なのに、なぜ県庁所在地は山口なのか!?

「伊能忠敬よりも100年も早かった! 江戸時代の山口に実在したスゴイ地図」
「『山口県クリスマス市』で手紙が届く! ウソみたいだけどホントの話」
「お盆になると沈んでしまう!? 人口が1ケタ増える沖家室島」
「一触即発!? 山口VS広島 甲島をめぐる県境争い」
「えっ? 伝説のムー大陸が山口県の地底で発見された!?」
「有楽町も銀座も新宿もある! 周南市に見られる東京と同じ地名」
「戦前には下関名物だった辛子明太子 なぜ戦後はそのお株を奪われた?」
「日本最大のカルスト台地『秋吉台』はどうやってできた?」
「下関で暮らしていた坂本龍馬夫妻が巌流島でこっそりイタズラ」

……など、山口県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介。県民も驚く、雑学ネタが満載の本。

目次

第1章 知られざる山口の意外な「スゴイ」
第2章 人々の生活を支えた山口の産業と名産品
第3章 新旧由来はさまざま? 山口の地名
第4章 東西に長い山口は不思議がいっぱい
第5章 古代から近現代まで山口の歴史を紐解く