犬がとなりにいるだけで

タグ
シリーズ
  • A5判184ページ
  • 2015年07月01日発売
  • 本体価格 980円+税
  • ISBN 978-4-408-41403-4
  • 在庫あり
犬がとなりにいるだけで

内容紹介

お前、ここで生きてみるか――

犬がいてよかった。
あの人に。
ぼくに。
犬がいてくれてよかった。

あなたの傍らにいる犬のことが、
愛しくてたまらなくなる本です。
――村上たかし(『星守る犬』)

一匹のセラピードッグが
一生をかけて教えてくれたものの、
なんと豊かな事か!
――岡野雄一(『ペコロスの母に会いに行く』)


1匹の捨て犬が、老人ホームで起こす小さな奇跡。実話をもとにした、魔法のセラピードッグの物語。老人ホームに逃げ込んできた、臆病なダメ犬ボタモチ。彼がそばにいるだけで、みんなが生きる勇気と笑顔をとりもどした。

たった一匹の犬が
人を笑顔にしてくれる

たった一匹の犬が
人の涙をぬぐってくれる

たった一匹の犬が
人生を変えることがある

十年前のあの日――
もしボタモチに出会わなかったら

多くの人たちが
まったく違う人生の終盤を
迎えていたのかもしれない

たった一匹の捨て犬が
誰かの人生を変えることがある

そう
となりにいるだけで

目次

1話 ここで生きて行く
2話 ずっと昔から
3話 母の子守唄
4話 心の傷
5話 幸せのために
6話 おおきに
7話 ボタを継ぐもの
8話 どんな姿になっても
9話 また会える日まで