猫なんかよんでもこない。その3

  • 杉作 著(スギサク)
タグ
作品
猫なんかよんでもこない。
シリーズ
  • A5判144ページ
  • 2013年10月31日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-41177-4
  • 在庫あり
猫なんかよんでもこない。その3

内容紹介

猫の一生は短い。だから覚えておこう。なにもかも。

猫好き必読の感動コミック第3巻!

オレはひろった子猫をポコと名付けた。チン子は猫のくせに猫ギライで、ポコが近付くとシャーシャーと威嚇しまくる。気になる女性ウメサンは「もう子猫をひろうな」と言っていた。オレはウメサンに知られないよう、こっそりとポコの里親探しをはじめた。

友達や動物病院、仕事先、ファンの人とあらゆるツテをあたってみたが、なかなか里親はみつからない。ポコはどんどん成長し、しかも毎日生活をともにしているうちに、オレとチン子にすっかりなついてしまう。チン子に嫌われていても、ハハオヤだと思って後をついていくポコ。オレの肩によじのぼり、耳たぶをオッパイ代わりに吸うポコ。正直いってオレは、ポコがかわいくてたまらなくなっていた。

そんななか、ウメサンにポコをひろったことがバレてしまう。電話口の声はあきらかに怒っている。動揺しながらいいわけを重ねていると、外でポコがノラ猫に襲われている声が…!