江戸・東京色街入門

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2018年09月06日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-33818-7
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
江戸・東京色街入門

内容紹介

そこに色街ができた理由、辿った歴史はそれぞれ。

吉原・洲崎、池袋・新宿・立川…
そこに色街ができた理由、辿った歴史はそれぞれ。
実態は、公的記録に残ることが少なく、
また、地元でも取り立てて主張することはほとんどなかった。
それが、いまでは「歴史」になったのか、
かつて赤線だったことをウリにする飲食店も出てきた。

売防法完全施行から60年。当時を知る人も少なくなった。
しかし、いまなお街中には当時の建物が残り、区画が残り、残り香がある。
本書は、具体的にどのエリアが該当するかを地図で示し、
世界各地の色街を見てきた著者が俯瞰し、平易に解説する。
東京都心から近郊まで、訪ねて話を聞いた31エリア。

鎌倉河岸/吉原/浅草/上野/根津/深川・洲崎/錦糸町/神田・秋葉原/
北千住/亀戸/玉の井・鳩の街/亀有/小岩・新小岩/尾久/赤羽・板橋/
池袋/新宿/大久保/渋谷/有楽町・皇居前/銀座/三鷹/調布/府中/
立川/八王子/品川/大森/武蔵新田/町田