後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい

タグ
シリーズ
  • 四六判216ページ
  • 2018年06月28日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-33802-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
会社は、廃業せずに売りなさい

内容紹介

トランビの目指す社会貢献の真意について紹介!

「ネットでM&Aができる!!」 テレビで超話題!(2018年5月24日現在)

事業の譲渡を希望する方(売り手)が
「事業の買取り希望の方(買い手)を無料で募る」
ことができる
オンラインサービス「TRANBI(トランビ)」。

「廃業するなら、売りなさい!」――
ただし、「伝統」「技術」は遺したい!

トランビがどのような思いで、誕生したのか。
そして、トランビの目指す社会貢献の真意について紹介!


【内容紹介】
はじめに
 2025年までに、127万社が廃業の危機
 会社を第三者に譲る選択肢もある

第1章:息子が「会社を継ぎたくない」と言ったらどうするか?
 事業承継には、3つの方法がある
 「親の会社を継ぎたくない」子供が6割
 従業員や幹部が会社を継げない理由
 アメリカでは、第三者へのM&A による事業承継が日本の3倍
 日本の中小企業は「M&A難民」だった

第2章:会社を廃業するくらいなら、売ってみよう!
 「倒産」と「廃業」は違う
 廃業は、意外と大変
 廃業には、大きな責任が伴う
 M&Aによる事業承継は、全員が幸せになれる
 会社の売却は、成功者の証し
 会社を売る5つのメリット
 あなたの会社を引き継ぎたい人は、たくさんいる

第3章:日本初! インターネットで会社を売れるすごい仕組み
 非効率なアナログ的手法によるM&Aの限界
 廃業に悩む中小企業を助ける革命的な仕組み
 トランビを利用する5つのメリット
 登録は、電話1本でもOK!
 ネットに出したくない人でも大丈夫!

第4章:会社を売るか、決める前にすべきこと
 多くの経営者が悩む「会社を売るべきか」という問題
子供や親族、従業員に会社を継いでほしいですか?
 M&Aによる売却を始めるには、事前準備が必要
 会社を売る方針を整理しよう

第5章:なぜ、地方の赤字会社が1億200万円で売れたのか?
 ゼロ円評価を受けた債務超過のホテルを1億2000万円で譲渡
 「廃業」を考えていた会社が、1億5000万円で売れた
 事業再生のスポンサーをネットで見つけ、倒産を免れたアパレルメーカー
 上場企業が、創業5年目の人材派遣会社を買収
 当初12億円だった譲渡価格が、なんと2倍以上の30億円に!
 年商3000万円の印刷会社を買ったのは、なんとサラリーマン
 生徒数50人の学習塾を250万円で買ったのも、サラリーマンだった
 前代未聞!? ゆるキャラもM&Aされる時代
 トランビでは、続々、譲渡契約が成立中!

第6章:60歳になる前に事業承継の準備を開始しよう!
 60歳になる前に事業承継の準備が、必要なふたつの理由
 社長が交代して、若返るだけで会社は伸びる!
 売り急ぐと、逆に売れなくなる
 M&Aの成功を遠ざけてしまう3つのご法度
 買い手からの問い合わせには、すぐに対応することが大事!
 交渉相手に開示する情報は、一貫性が重要
 適切な売却金額を把握したうえで交渉する
 買い手がついたことで、安心して気を抜いてはいけない
 すべての条件で、ベストを満たす相手は存在しない
 譲渡代金の受け取り方法には、さまざまな選択肢がある
 くれぐれも情報漏えいには、ご注意を!
 売却をしてからが、本当のスタート

第7章:M&A専門家をお得に上手に活用する方法
 交渉に時間を取られて、会社の業績が低下したら本末転倒
 売却方法によって、社長の手元に残る金額が変わる
 M&A専門家を利用した方が、安心して交渉を進められる
 どのM&A専門家に頼めばいいのか
 失敗しないM&A専門家選びのポイント
 複数の専門家に会って話をしよう!

おわりに
 後継者不在で、廃業せざるを得ない会社をなんとかして救いたい
 ネットで会社を売れる時代が到来
 会社にとって最大の売り物は、会社そのもの
 M&Aは、地方創生の切り札になる!

目次

【内容紹介】
はじめに
 2025年までに127万社が廃業の危機
 会社を第三者に譲る選択肢もある

第1章:息子が「会社を継ぎたくない」と言ったらどうするか?
事業承継には三つの方法がある
「親の会社を継ぎたくない」子供が6割
従業員や幹部が会社を継げない理由
米国では第三者へのM&A による事業承継が日本の3倍
日本の中小企業は「M&A難民」だった

第2章:会社を廃業するくらいなら、売ってみよう!
「倒産」と「廃業」は違う
廃業は意外と大変
無責任には廃業はできない
M&Aによる事業承継は全員が幸せになれる
会社の売却は成功者の証し
会社を売る5つのメリット
あなたの会社を買いたい人はたくさんいる

第3章:日本初! インターネットで会社を売れるすごい仕組み
非効率なアナログ的手法によるM&Aの限界
廃業に悩む中小企業を助ける革命的な仕組み
TRANBI(トランビ)を利用する5つのメリット
登録は電話1本でもOK!
ネットに出したくない人でも大丈夫!

第4章:会社を売るか決める前にすべきこと
多くの経営者が悩む「会社を売るべきかという問題」
M&Aによる売却を始めるには事前準備が必要
会社を売る方針を整理しよう

第5章:なぜ、地方の赤字会社が1億200万円で売れたのか?
ゼロ円評価を受けた債務超過のホテルを1億2000万円で譲渡
「廃業」を考えていた会社が1億5000万円で売れた
事業再生のスポンサーをネットで見つけ、倒産を免れたアパレルメーカー
上場企業が創業間もない人材派遣会社を買収
当初12億円だった譲渡価格が、なんと2倍以上の30億円に!
年商3000万円の印刷会社を買ったのは、なんとサラリーマン
生徒数50人の学習塾を250万円で買ったのもサラリーマンだった
前代未聞!? ゆるキャラもM&Aされる時代
TRANBI(トランビ)では、どんどんM&Aが成立中!

第6章:60歳になる前に事業承継の準備を開始しよう!
60歳になる前に事業承継の準備が必要な2つの理由
社長が交代して若返るだけで会社は伸びる!
売り急ぐと逆に売れなくなる
M&Aの成功を遠ざけてしまう3つのタブー
買い手からの問い合わせにはすぐに対応することが大事!
交渉相手に開示する情報は、一貫性が重要
希望金額は少し高めにスタートする
買い手がついたことで安心して気を抜いてはいけない
すべての条件でベストを満たす相手は存在しない
譲渡代金の受け取り方法にはさまざまな選択肢がある
くれぐれも情報漏えいにはご注意を!
売却をしてからが本当のスタート

第7章:M&A専門家をお得に上手に活用する方法
交渉に時間を取られて、会社の業績が低下したら本末転倒
売却方法によって社長の手元に残る金額が変わる
M&A専門家を利用した方が、安心して交渉を進められる
どのM&A専門家に頼めば良いか
失敗しないM&A専門家選びのポイント
最後は相性で選ぶ!?

おわりに
後継者不在で廃業せざるを得ない会社をなんとかして救いたい
ネットで会社を売れる時代が到来!
会社にとって最大の売り物は会社そのもの
M&Aは地方創生の切り札になる!