古代史 不都合な真実12の古代文書が暴く「日本書記」の嘘

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2018年01月10日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-33764-7
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
古代史 不都合な真実

内容紹介

『日本書紀』が封印した歴史の「真実」が明らかに!!

『日本書紀』が封印した
歴史の「真実」が明らかに!!

古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
その理由はじつははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』
誰もがとらわれているからである。

正史とされる『日本書紀』は
八世紀に実権を握った藤原氏が
編纂を手がけたため、
藤原氏に都合よく書かれた歴史書だ。
そのために、多くの疑問、矛盾、齟齬が
『日本書紀』には散見される。

本書ではこの罠を解くカギとして、
12 の古代文書を用意した。

それらの文書と『日本書紀』を
比較していくと……。

古代史研究の異端児・関裕二が
総力をもって披露する
「集大成」としての本書に
読者は一読驚嘆することだろう。

目次

CONTENTS
第一章
『日本書紀』の裏側に何があったのか

第二章
『古事記』と『先代旧事本紀』が暴く
不都合な古代史

第三章
『上宮聖徳法王帝説』と
『元興寺伽藍縁起幷流記資財帳』が暴く
不都合な古代史

第四章
『万葉集』と『懐風藻』が暴く
不都合な古代史

第五章
『古語拾遺』と『藤氏家伝』が暴く
不都合な古代史

第六章
『竹取物語』と『御伽草子』が暴く
不都合な古代史

第七章
『風土記』と『続日本紀』が暴く
不都合な古代史