「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇

タグ
シリーズ
  • 四六判384ページ
  • 2017年07月21日発売
  • 本体価格 1900円+税
  • ISBN 978-4-408-33718-0
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇

内容紹介

詳細家系図と、圧巻の、総理の関係者1200人以上のプロフィール掲載

昭和から平成までの47人の総理大臣は、いかなる人物がなったのか。
その人物は、どのような家に生まれ、どのような教育を受け、
どのようにして政治に関わるのようになったのか。
その背後には、「家」がどのように関わってくるのか。

戦争に向かい、また終結に向かった陸軍・海軍出身の総理。
戦後の新しい日本国憲法下で誕生した社会主義政党の総理。
戦後の官僚あがりの総理。平成に入ってから多く誕生した、さまざまな政党の総理。

およそ、出自によって、つながりをつくる業界が違う。
財界と大きなつながりを作る者、有能な官僚とつながる者、あるいはそうした気配が一切ない者。
また、住む家を見ると、軍人の精神論を体現したような清貧な者、
財界がバックアップした豪奢な邸宅に住む者、マンション住まいの者。
「家系図」と「お屋敷」を丹念に見ていくと、総理の人となりが如実に表れる。
意外な人脈も見て取れる。
そんな、歴代総理の関係者個々人の細かなプロフィールは、
『明治・大正篇』の倍以上の1200人以上を掲載。

●コラム
組閣風景と組閣参謀長
総理官邸
戦前の軽井沢
組閣写真
戦後の軽井沢
自民党の派閥
酒造家と政治家
議員宿舎
永田町今昔
外務省と大蔵省
党本部あれこれ

【本書に掲載した総理大臣】
田中義一/濱口雄幸/犬養毅/斎藤實/岡田啓介/廣田弘毅/林銑十郎/近衛文麿/
平沼騏一郎/阿部信行/米内光政/東條英機/小磯國昭/鈴木貫太郎/東久邇宮稔彦王/
幣原喜重郎/吉田茂/片山哲/芦田均/鳩山一郎/石橋湛山/岸信介/池田勇人/
佐藤栄作/田中角栄/三木武夫/福田赳夫/大平正芳/鈴木善幸/中曾根康弘/竹下登/
宇野宗佑/海部俊樹/宮澤喜一/細川護熙/羽田孜/村山富市/橋本龍太郎/小渕恵三/
森喜朗/小泉純一郎/安倍晋三/福田康夫/麻生太郎/鳩山由紀夫/菅直人/野田佳彦