被爆樹巡礼原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶

タグ
シリーズ
  • A5判144ページ
  • 2015年07月17日発売
  • 本体価格 1700円+税
  • ISBN 978-4-408-00881-3
    • 在庫あり
被爆樹巡礼

内容紹介

被爆樹を知っていますか?

被爆直後は「七十五年間、草木も生えない」と言われたヒロシマの町。ところがその年の秋にはアサガオなどが、さらに翌年の春を迎えると、クスノキ、イチョウ、サクラ、ソテツ、アオギリなどの木々の折られた枝、焼かれた幹、かろうじて残った根から、次々と新芽が芽生え、新しい命が育ち始めました。

広島市では爆心地を中心に半径およそ2Km圏内の58か所、約170本の樹木を「被爆樹木」として認定しています。本書は被爆樹1本1本を訪ね歩き、その木について紹介するとともに、被爆当時の記憶のある方々や「被爆樹木」を守っている方々のお話しも伺ってまとめた一冊です。被爆樹は原爆被害の「生き証人」として、これからも無言で人々に核兵器の恐ろしさと、平和の尊さも伝えていくことでしょう。

目次

はじめに――被爆樹を知っていますか?

被爆樹巡礼 原爆から蘇った約百七十本に会いに行く
 (広島被爆樹地図):被爆樹1本1本を写真付きで紹介。

八月六日の記憶――一樹一樹に物語がある
「京橋川を泳いで渡ると、ぼろぼろのシダレヤナギが立っていた」 証言者 北川建次さん
「菩提樹の木の下で見た母と弟の炎を忘れない」 証言者 國分良徳さん
「被爆クスノキとともに取り戻した鎮守の森」 証言者 野上光章さん
「原爆の後、芽生えたニワウルシに何度も元気づけられました」 証言者 吉井蓉子さん
「被爆を乗り越えたイチョウを守り続けたい一心で」 伝承者 冨樫恵生さん、章子さん
樹木医との対話「なぜ、被爆樹は蘇ることができたのですか?」 樹木医 正本 大さん

被爆樹巡り、モデルコース
原爆ドームをスタートし、広島城へ
原爆ドームから市役所方面へ向かう
原爆ドームをスタートし、北へ、市電の終点へ
広島駅から歴史の散歩道を歩く
広島駅をスタートし、京橋川を南へ巡る

コラム
灯籠流し
「あっ、芽が出とる!」
焦土に咲いた花たち
原爆ドーム一〇〇年
原爆の子の像
平和の門
被爆樹二世
木々の記憶

広島の被爆樹情報はここでも・長崎市の被爆樹