月刊J-novel2015年12月号

タグ
シリーズ
  • A5判
  • 2015年11月14日発売
  • 本体価格509円+税
  • 雑誌コード05103-1200-15
  • 品切重版未定
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
月刊J-novel2015年12月号

内容紹介

挑戦する文芸誌

今号から三本の新連載がスタート! 小誌初登場の社会派ミステリーの旗手・薬丸岳氏の「檻から出た蟬」、ベストセラー「年下シリーズ」の五十嵐貴久氏の「ベスト・フレンズ・ウエディング」、安達瑶氏の人気シリーズ第2弾「悪徳(ブラック)探偵Ⅱ」(隔月掲載)です。

創作の背景や作品にこめた思いをご執筆いただくエッセイのコーナーには、発売中の小社新刊から『緑と赤』の深沢潮氏。日本と韓国の狭間で揺れ動く五人の男女の感情を描く本作が生まれた、著者のある体験とは。小説とあわせてぜひお読みください。

充実の連載小説は、大島真寿美氏が或る女の生涯を綴る「ツタよ、ツタ」、伽古屋圭市氏の大正ミステリー「からくり探偵・百栗柿三郎2」、柴田よしき氏の家族ドラマ「君がいた夏は」、小路幸也氏の喫茶店ミステリー「スローバラード」、森沢明夫氏のお仕事青春小説「たまちゃんのお使い便」、いずれも好調です! 連作短編シリーズは、藍川京氏の女燃えの京都「覗き見」、秋吉理香子氏の婚活をめぐる悲劇「リケジョの婚活」、 中島要氏の御徒の女「紅の色」です。

エッセイは、年齢をめぐるリレーエッセイ「AgeX」は芥川賞受賞後、人気急上昇中の羽田圭介氏、物語にまつわる“はじめて”をつづる「はじめての<物語>」は木下昌輝氏、自由なテーマでベスト3を語る「私の○○ベスト3」は美輪和音氏、ふるさとへの思いを綴る「ホーム home」は河﨑秋子氏、気鋭の作家によるエッセイ「オン・ステージ」には町田哲也氏が登場です。書評ページJ’s Book Bar(石井千湖氏、北上次郎氏、縄田一男氏、大矢博子氏、八重洲ブックセンター宇都宮パセオ店 高野典子氏)と、今号も読み応えたっぷりです。