古賀稔彦

古賀稔彦

(コガトシヒコ)

1967年佐賀県出身。中学進学と同時に上京し、東京・世田谷の「講堂学舎」に入門。弦巻中学、世田谷学園高時代には、数々の全国大会を個人・団体戦で制覇した。日本体育大学進学後、87~92年の全日本選抜体重別選手権をはじめ、89年・91年の世界選手権を連覇。“平成の三四郎”の異名をとった。92年のバルセロナ五輪では、大会直前に大ケガを負うも、「金メダル」を獲得、日本中の感動をさらった。続いて96年アトランタ五輪で、銀メダル獲得。2000年4月、現役を引退した。
引退後、指導者の道に魅せられ、現在は「指導者・古賀稔彦」として、全日本女子柔道チームの強化委員を務めるかたわら、03年4月には、子供の人間的な育成を目的とする「古賀塾」を開塾。04年のアテネ五輪で、コーチを担当した谷本歩実が金メダルを獲得し、コーチとしての資質の高さを証明する。(2006年3月31日現在)

 一本勝ち! 柔道絶対上達

一本勝ち! 柔道絶対上達

心と技を極めて、一本で勝つ方法を伝授!

一本をとるための大技を中心に、柔道の基本から実戦での心得まで詳しく解説。普段の練習で使える打ちこみやトレーニング法も充実!

  • A5判144ページ
  • 20060331発売
  • 本体価格 1300円+税
  • ISBN 9784408403397
  • 品切重版未定