姉小路祐

姉小路祐

(アネコウジユウ)

1952年京都府生まれ。大阪市立大学法学部卒、立命館大学大学院博士課程修了。91年、横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。以降、リーガルミステリーや警察小説のシリーズを多数手がける。近著に『潜入捜査官 警視庁都民相談室 七曲風馬』『ダブル・トリック 出口の裁判官 岬剣一郎』『署長刑事 徹底抗戦』『監察特任刑事』など。(2016年1月29日現在)

 偽装法廷

偽装法廷

被告は一人、“犯人”は二転三転か?

殺人事件被告の美形母娘が法廷を揺るがす。正義派弁護士、検察、裁判官も驚愕した“覆る真犯人”。法廷ミステリーの意欲作。

  • A6判304ページ
  • 20160129発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 9784408552736
  • 在庫あり
    電子書籍あり