太田忠司

太田忠司

(オオタタダシ)

1959年愛知県名古屋市生まれ。名古屋工業大学工学部電気工学科卒業。81年『帰郷』が星新一ショートショート・コンテストで優秀作に選ばれる。90年、『僕の殺人』刊行をきっかけに専業作家に。2010年、『月読』が第6回酒飲み書店員大賞に。「狩野俊介」「新宿少年探偵団」「高校生探偵甘栗晃」「目白台」などシリーズ作品のほか、『奇談蒐集家』『星町の物語』『死の天使はドミノを倒す』など著書多数。(2015年1月31日現在)

 偽花

偽花探偵・藤森涼子の事件簿

事件のカギは三つの花
クールでタフな女性探偵・涼子が真相を探る!!

OLから探偵に転身して二十年。仲間とともに事務所をかまえた涼子のキックと名推理が冴える! 本格ミステリーシリーズ第二弾。

  • A6判304ページ
  • 20150131発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 9784408552057
  • 在庫あり
    電子書籍あり
 金木犀の徴

金木犀の徴探偵・藤森涼子の事件簿

20年にわたり書き続けられている太田忠司の人気シリーズ

探偵・藤森涼子のもとへ「盗聴されてるかも」と姪の静子が訪れ…。表題作ほか「石楠花の詞」「夾竹桃の焔」の全3話。

  • 四六判256ページ
  • 20120818発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 9784408536088
  • 品切重版未定
 探偵・藤森涼子の事件簿

探偵・藤森涼子の事件簿

事件と謎解き、少し恋愛

人気の「探偵藤森涼子の事件簿」シリーズ傑作選! OLから探偵に転身、数々の事件を経て成長する涼子の奇跡を追うミステリー集。

  • A6判384ページ
  • 20120605発売
  • 本体価格 648円+税
  • ISBN 9784408550787
  • 在庫あり
    電子書籍あり