デイヴィッド・グッドハート 

デイヴィッド・グッドハート 

(デイヴィッド・グッドハート )

1956年、英国生まれ。現代社会や世界情勢などに鋭く切り込むことで定評のある、イギリスの総合評論誌『プロスペクト』誌の共同創刊編集者でありジャーナリスト。2017年に上梓した『The Road to Somewhere(〈ここしかない派〉への道)』(未訳)はイギリス『タイムズ』紙の日曜版『サンデー・タイムズ』のベストセラー入りを果たし、『エコノミスト』紙からは「EU離脱後のイギリス社会の姿をおそらくもっとも正確に描いた」書物だと絶賛された。以前は中道左派のシンクタンク〈デモス〉のディレクターだったが、現在はシンクタンク〈ポリシー・エクスチェンジ〉人口統計部門の責任者を務めている。(2021年12月現在)