大久保秀夫

大久保秀夫

(オオクボヒデオ)

株式会社フォーバル代表取締役会長
1954年、東京都生まれ。國學院大學法学部卒業。大学卒業後、アパレル関係企業、外資系英会話教材販売会社に就職するものの、日本的な年功序列体質や人を使い捨てにする経営方針に納得できず退社。1980年、25歳で新日本工販株式会社(現在の株式会社フォーバル)を設立、代表取締役に就任。上場審査の厳しかった当時では、創業して8年2カ月という異例のスピードで、1988年、最年少(当時)で店頭登録銘柄(現JASDAQ)として株式を公開。同年、社団法人ニュービジネス協議会から「第1回アントレプレナー大賞」を受賞。その後も、情報通信業界で数々の挑戦を続け、国内3社、海外1社、合計4社の会社を上場させ、従業員数約1100名、法人クライアント数10万社、上場会社2社を含むグループ企業23社を抱えるベンチャーグループに成長させた。2010年、社長職を退き、代表取締役会長に就任。会長職の傍ら、講演・執筆、国内外を問わずさまざまな社会活動に従事。カンボジアにおける高度人材の育成を応援する「公益財団法人CIESF(シーセフ)」理事長も務める。さらに、日本ベンチャー学会理事、早稲田大学商学学術院客員教授、東京商工会議所1号議員なども務めている。(2010年9月28日現在)