いぬじゅん 

いぬじゅん 

(イヌジュン )

奈良県出身、静岡県浜松市在住。2014年『いつか、眠りにつく日』で第8回日本ケータイ小説大賞を受賞し作家デビュー。同作はシリーズ累計20万部を超えるベストセラーに。2019年『この冬、いなくなる君へ』で、第8回静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」大賞受賞。他に『夢の終わりで、君に会いたい。』『今夜、きみの声が聴こえる』『奈良まちはじまり朝ごはん』『無人駅で君を待っている』など人気作品多数。持ち味の〝どんでん返し×泣けるヒューマンファンタジー〟には根強いファンを持つ。

 今、きみの瞳に映るのは。

今、きみの瞳に映るのは。

きっと見つかる、大切なもの。
実業之日本社文庫GROW誕生!第1弾

恋愛・友情・裏切り・野望…。累計20万部突破『いつか、眠りにつく日』のいぬじゅんが贈る、大どんでん返し青春ミステリー!

  • A6(文庫)判352ページ
  • 20210408発売
  • 価格 792円(税込)
  • ISBN 9784408556536
  • 在庫あり