渋沢秀雄

渋沢秀雄

(シブサワヒデオ)

1892年(明治25)、渋沢栄一の四男として東京に生まれる。東京帝大卒。田園都市株式会社(現・東急)取締役として東京の田園調布を開発。のち東宝会長、東映取締役を歴任。戦後は随筆、評論でも知られた。1984年(昭和59)逝去。著書に『明治は遠く』『明治を耕した話』ほか多数。

 父 渋沢栄一

父 渋沢栄一

日本経済の父の生涯と、家庭人としての素顔

近代日本経済の父、渋沢栄一。その息子の視点から描かれる、人を愛し国を愛した実業家の素顔。大河ドラマの予習にも必読の一冊。

  • A6(文庫)判480ページ
  • 20201204発売
  • 本体価格 820円+税
  • ISBN 9784408556345
  • 在庫あり
 父 渋沢栄一 新版

父 渋沢栄一 新版

人を愛し、国を愛した実業家。
息子の視点から描かれる、渋沢栄一の素顔とは?
栄一の生涯を俯瞰する、随一の伝記!!

近代日本経済の父、渋沢栄一。その息子の視点から描かれる、人を愛し国を愛した実業家の素顔。新時代の志士が読むべき一大伝記!

  • 四六判416ページ
  • 20191017発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 9784408537443
  • 在庫あり