藤田哲史

藤田哲史

(フジタテツシ)

1974年富山県生まれ。東京都在住。 地理好き、地図好きが昂じて、日本全国を旅している。高速道路や国道を走破する一方、明治以降の近代交通網の形成にも興味を持ち、大正道路法を根拠とした道路元標や、鉄道の駅が「ステンショ」と呼ばれていた頃の道標などを、各地に収集している。土木技術史にも関心を寄せ、過渡期の橋梁技術――特にレンティキュラートラス橋や三弦トラス橋を探索しにアメリカやドイツへも出掛けている。定期航空便からの航空写真も趣味としていて、自らドローンによる空撮も手掛ける。洋泉社MOOK『ドローンのすべて』制作協力。テレビ出演、トークイベント出演多数。(2018年6月現在)

 ドローン空撮で見えてくる日本の地理と地形

ドローン空撮で見えてくる日本の地理と地形

ちょっと上空から見ると、地理・地形はたちどころにおもしろくなる!

空撮写真で土地の使い方がよくわかる!川の流れ、鉄道や道路の線形、農業、集落と人の営み、遺跡等々をドローンで空撮・解説。

  • B5判112ページ
  • 20210318発売
  • 価格 1,980円(税込)
  • ISBN 9784408339559
  • 在庫あり
 中央自動車道の不思議と謎

中央自動車道の不思議と謎

走ることが楽しくなる本!

高速道路はワンダーランド!SAPAだけじゃない、IC、道路というシステム、その管理、歴史などなど走ることが楽しくなる本

  • 新書判240ページ
  • 20180705発売
  • 価格 990円(税込)
  • ISBN 9784408338118
  • 在庫あり