中島要

中島要

(ナカジマカナメ)

早稲田大学教育学部卒業。2008年、「素見(ひやかし)」で第2回小説宝石新人賞を受賞。10年、『刀圭』で単行本デビュー。12年に刊行した『しのぶ梅 着物始末暦』が好評を博し、人気シリーズに。近著に『うき世櫛』『酒が仇と思えども』『神奈川宿雷屋』『大江戸少女カゲキ団』などがある。

 御徒の女

御徒の女

貧乏も天災もなんのその!
幕末を生きる痛快女一代記

下級武士の娘・栄津は、おたふく顔の働き者。大地震と疫病を乗り越え歩む「女の生きざま」が深い共感を呼ぶ新・人情譚

  • A6(文庫)判320ページ
  • 20200805発売
  • 本体価格 670円+税
  • ISBN 9784408556093
  • 在庫あり
 御徒の女

御徒の女

あっぱれ! 武家の女のブレない人生。

器量よしとは言えないが、まじめで働き者の栄津。江戸末期を舞台に、武家の娘として生まれ、娘、妻、母として生き抜く女を描く。

  • 四六288ページ
  • 20170414発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 9784408537047
  • 在庫あり
    電子書籍あり