伊東潤

伊東潤

(イトウジュン)

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。『国を蹴った男』(講談社)で第34回吉川英治文学新人賞を、『巨鯨の海』(光文社)で第4回山田風太郎賞と第1回高校生直木賞を、『峠越え』(講談社)で第20回中山義秀文学賞を、『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)で第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)を、『黒南風の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所)で本屋が選ぶ時代小説大賞2013を受賞。(2016年5月20日現在)

 敗者烈伝

敗者烈伝

信長も光秀も皆敗者だ――
“敗れた英雄”に学べ!

明智光秀はなぜ勝者から敗者へ転落したのか――英雄たちの敗因から見える、現代を勝ち抜く智恵は!? 人気作家の歴史エッセイ。

  • A6(文庫)判352ページ
  • 20191004発売
  • 本体価格 741円+税
  • ISBN 9784408555362
  • 在庫あり
 敗者烈伝

敗者烈伝

朝敵、奸賊、謀反人……
歴史の闇に葬られた男たちの棺を、今こじ開ける!!

織田信長、平清盛、西郷隆盛…歴史上の著名な“敗者”25人の敗因を分析。現代を生き抜くヒントが見えてくる傑作歴史エッセイ。

  • 四六判328ページ
  • 20160520発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 9784408536842
  • 在庫あり