宇野雪村

宇野雪村

(ウノセッソン)

1912(明治45)年生まれ。大東文化大学教授。財団法人毎日書道会理事。奎星会会長。玄美社主宰。1932(昭和7)年、上田桑鳩に師事。泰東書道院・書道芸術社などに所属し、1938年飛雲会を起こし、1940年奎星会結成に参画。第二次世界大戦後、日展審査員を経て脱退、前衛書道運動に専心。前衛書道家として知られ、その作品とともに理論的体系を樹立し、また書道史、文房具研究家としても著名。著書に『古墨』『法帖』(木耳社)、『唐墨名品集成』(講談社)、『雪村近作集』(木耳社)、『前衛書』(入門書道全集6・実業之日本社)、『文房四宝』(平凡社)、『文房古玩事典』(柏書房)など。(1990年6月20日現在)