鈴木尚広

鈴木尚広

(スズキタカヒロ)

1978年4月27日生まれ、福島県相馬市出身。右投左右打。身長180cm、体重78kg。背番号12。幼稚園時代から野球をはじめ、福島県立相馬高等学校卒業後の1997年、ドラフト4位で読売ジャイアンツに入団。入団6年目の2002年4月に1軍初出場、2003年から1軍に定着し、主に守備固めや代走の切り札として起用される。プロ入り11年目、2007年の開幕戦で8番センターで初の開幕スタメン出場。2008年は30盗塁を記録し、初タイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞。西武ライオンズとの日本シリーズでは日本シリーズ優秀選手賞を受賞。2014年4月29日、通算200盗塁を達成し、同年5月26日には、日本プロ野球新記録となる代走で通算106盗塁を達成。同年8月22日、1000試合出場を達成。プロ生活19年目の2015年シーズンも、堅実な守備はもちろんのこと、「代走のスペシャリスト」としてチームやファンからの信頼も厚く、5月3日には6年ぶりのホームランを打つなど、走攻守で活躍中。(2015年7月1日現在)

 失敗することは考えない 

失敗することは考えない 走る! 盗塁哲学

現役選手としては、めずらしく盗塁技術まで明かす。

巨人軍の生え抜きの最古参で「走塁のスペシャリスト」と呼ばれている、鈴木尚広選手の初の自伝的エッセイ。走塁技術も明かす。

  • 四六判240ページ
  • 20150701発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 9784408455488
  • 在庫あり