北川なつ

北川なつ

(キタガワナツ)

特別養護老人ホームやグループホームでの勤務経験があり、その体験や知識を元に、フィクションのカラー漫画をブログに発表する。2012年、ブログで発表してきた漫画を加筆修正したものと、描き下ろし漫画を加え、『マンガ認知症のある人って、なぜ、よく怒られるんだろう?』を自費出版。その新装版を2016年5月に小社より刊行。他の著書に『犬がとなりにいるだけで』『心がすっと軽くなる ボケた家族の愛しかた』がある。(2016年5月14日現在)

 親のパンツに名前を書くとき

親のパンツに名前を書くとき

元介護職の漫画家・北川なつの 介護コミックエッセイ第3弾

私は、親の介護がしたかったのです――。実母の心の病と突然の別れ、介護の実情を元介護職の漫画家がほのぼのと描く。

  • A5判396ページ
  • 20201218発売
  • 本体価格 1300円+税
  • ISBN 9784408415994
  • 発売予定
 犬がとなりにいるだけで

犬がとなりにいるだけで

お前、ここで生きてみるか――

1匹の捨て犬が、老人ホームで起こす小さな奇跡。実話をもとにした、魔法のセラピードッグの物語。

  • A5判184ページ
  • 20150701発売
  • 本体価格 980円+税
  • ISBN 9784408414034
  • 在庫あり
    電子書籍あり