木内敬子

木内敬子

(キウチケイコ)

1982年東京生まれ、埼玉育ち。問題児だった小学校時代を経て、中学時代に偏差値29から71まで上げ進学校に入るが、卒業後は県内のキャバクラで働き始める。キャバクラとクラブで共にナンバーワンになり、24歳で現役引退。その後高校時代の友人とともに新宿・歌舞伎町でホストクラブを立ち上げる。唯一の女性スタッフとして、ホスト&スタッフ延べ500人をマネジメントし、歌舞伎町一の繁盛店へと導く。28歳でセミリタイヤ中に、アメリカの聖地セドナを訪れ、陰と陽のバランスのとれた生き方に目覚める。女性誌のセドナ特集にも登場し、読者の反響を呼ぶ。現在は大宮に在住し、執筆や講演、地元企業のコンサルティングなどで活躍中。(2015年7月1日現在)