岡田登

岡田登

(オカダノボル)

1952年、三重県生まれ。歴史学者、考古学者。日本古代史、日本考古学、神宮史を専門とする。皇學館大学文学部卒業後、同大学大学院文学研究科博士課程に学び、同大学史料編纂所所員などを経て、現在同大学文学部国史学科教授を務める。主な著書(共著)は『四日市市史』『磯部町史』『伊勢市史』など。講演活動や朝日カルチャーセンターの講師なども行っている。(2015年3月5日現在)