鈴木康夫

鈴木康夫

(スズキヤスオ)

東海大学経営学部(観光ビジネス学科)教授、理学博士。1954年山形県生まれ。専修大学文学部人文学科(地理学コース)卒業。日本大学大学院理工学研究科地理学専攻博士後期課程修了。日本大学文理学部(地理学科)助手を経て、1987年に東海大学熊本キャンパスに専任講師として着任。研究分野は人文地理学、地誌学、地図学。主に農山村の地域再編問題やグリーンツーリズムによる地域振興策について研究している。日本地理学会、人文地理学会、歴史地理学会、経済地理学会などに所属。熊本県国土利用計画審議会会長、九州農政局環境保全型農業推進会議会長、熊本県むらづくり大賞選考委員会委員長、阿蘇文化的景観調査検討委員会委員などを歴任。著書に『中山間地域の再編成』(成文堂)、『稲作農村の再編成』(大明堂)、『肥後・熊本の地域研究』(共編著、大明堂)、『菊水町史・通史編』(共編著、ぎょうせい)、『菊水町史・絵図地図編』(共編著、凸版印刷)、『山間地政策を学ぶ』(共著、成文堂)、『農業地域情報のアーカイブと地域づくり』(共著、成文堂)、『新版・暮らしの地理学』(共著、古今書院)などがある。(2014年1月24日現在)