原口泉

原口泉

(ハラグチイズミ)

1947年、鹿児島市生まれ。東京大学文学部国史学科卒。同大学院修士課程修了。現在、鹿児島県立図書館館長、志學館大学人間関係学部教授、鹿児島大学名誉教授。専門は日本近世・近現代史。NHK大河ドラマ『翔ぶが如く』『琉球の風』『篤姫』の時代考証を担当。国内のみならず、欧米やブラジルなどでも講演を行っている。主な著書に『吉田松陰の妹・文子』『日本に今一番必要な男黒田官兵衛』(以上、幻冬舎)、『会津名君の系譜』(ウェッジ社)、『龍馬を超えた男 小松帯刀』(PHP文庫)、『篤姫 わたくしこと一命にかけ』(グラフ社)など多数。(2014年12月18日現在)