杉山進

杉山進

(スギヤマススム)

1932年4月1日、長野県下高井郡野沢温泉村生まれ。長野電鉄に勤務し、全日本スキー選手権のアルペン競技で5度優勝。1956年コルチオリンピック出場。オーストリアへスキー留学をし、1964年日本人で戦後初のオーストリア国家検定スキー教師資格を取得。1965年志賀高原に杉山スキースクール開校。1966年銀座にスキーショップ「杉山進の店」を開店。1968年日本職業スキー教師協会設立に参画。1975年国際職業スキー教師連盟副会長就任。1950年代よりトップスキーヤーとして活躍し、選手引退後はプロのスキー教師として、長きに渡りスノースポーツの指導と発展に尽力。(2014年12月17日現在)

 遥かなスキー

遥かなスキー

日本のスキー界を牽引してきた
82歳現役スキー教師、杉山進の自叙伝

元オリンピックスキーヤーであり、日本のスキースクールの基盤を作ったレジェンド杉山進が自伝と、スキーへの想いを綴る。

  • 四六判240ページ
  • 20141217発売
  • 本体価格 2300円+税
  • ISBN 9784408026077
  • 在庫あり