篠崎茂雄

篠崎茂雄

(シノザキシゲオ)

1965年、栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮大学大学院教育学研究科社会科専修修了。栃木県立足利商業高等学校、同喜連川高等学校の教諭を経て、1999年より栃木県立博物館に。現在は、同館特別研究員。民俗研究、とくに生活文化や祭り、芸能等を専門とし、1999年「麻~大いなる繊維~」、2004年「結城紬~紬織りの技と美~」、2008年「野州麻の生産用具-道具が語る麻づくり」などの企画展を担当。著作(共著)に『栃木民俗探訪』(下野新聞社)などがある。(2014年11月6日現在)