宮崎克則

宮崎克則

(ミヤザキカツノリ)

1959年佐賀県唐津生まれ。九州大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得退学。文学博士。現在、西南学院大学国際文化学部教授・西南学院大学博物館館長。江戸時代の風俗・社会・文化・産業・政治について、文献史料・伝承などを利用しながら検討する。特に近世日本の民衆文化を主体に、シーボルトがとらえた1800年頃の「日本」についても研究。主な編著書として、『大名権力と走り者の研究』(1995、校倉書房)、『逃げる百姓、追う大名』(2002、中央公論新社)、『古地図の中の福岡・博多』(2005、海鳥社)、『九州の一揆・打ちこわし』(2009、海鳥社)、『ケンペルやシーボルトたちが見た九州、そしてニッポン』(2009、海鳥社)、『シーボルト年表』(2014、八坂書房)など。(2014年12月18日現在)

 西鉄&西鉄バス沿線の不思議と謎

西鉄&西鉄バス沿線の不思議と謎

西鉄と西鉄バス沿線がもっと好きになる1冊

西鉄&西鉄バス沿線とその地域にひそむ不思議をひも解くとそこには思わぬ背景が!読めば見慣れた風景が変わって見えてくる一冊。

  • 全書判192ページ
  • 20170531発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 9784408337029
  • 在庫あり