皆川博子

皆川博子

(ミナガワヒロコ)

1930年生まれ。東京女子大学英文科中退。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞、その後ミステリー・幻想小説・歴史小説・時代小説などジャンルを超えて創作を続ける。85年『壁・旅芝居殺人事件』で日本推理作家協会賞、86年『恋紅』で直木賞、90年本作で柴田錬三郎賞、98年『死の泉』で吉川英治文学賞、2012年『開かせていただき光栄です』で本格ミステリ大賞を受賞。13年にはその功績が認められ日本ミステリー文学大賞を受賞した。(2014年6月5日現在)

 薔薇忌

薔薇忌

皆川ミステリーの極みがここにある――
第三回柴田錬三郎賞受賞作

柴田錬三郎賞に輝いた幻想ミステリーの名作、待望の復刊。舞台芸能に生きる男女が織りなす妖しくも美しい謎に満ちた世界を描く傑作!

  • A6判296ページ
  • 20140605発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 9784408551753
  • 在庫あり
    電子書籍あり