真藤順丈

真藤順丈

(シンドウジュンジョウ)

1977年東京生まれ。
2008年『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞、『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞など、新人賞4賞を受賞し、注目を集める。ほかの著書に『RANK』『バイブルDX』『畦と銃』『墓頭(ボズ)』など。(2014年2月28日現在)

 七日じゃ映画は撮れません

七日じゃ映画は撮れません

「宝島」で第160回直木賞受賞を受賞した著者が贈る
映画への制御不可能な愛と情熱が迸る圧倒的巨編!

幻の脚本を撮るため集結した異能の映画職人の奮闘を圧倒的な熱量で描く! 話題作『宝島』著者が放つ怪作、ついに文庫化。

  • A6(文庫)判688ページ
  • 20181206発売
  • 本体価格 1204円+税
  • ISBN 9784408554495
  • 在庫あり
 七日じゃ映画は撮れません

七日じゃ映画は撮れません

映画への愛と情熱と敬意を注ぎ込んだ
真藤順丈の新たな代表作、ここに誕生!

伝説の映画人が遺した幻の脚本を撮ってやる! 異能の映画職人たちが奮闘する姿をダイナミックに描く、鬼才入魂の長編小説。

  • 四六判584ページ
  • 20140228発売
  • 本体価格 2200円+税
  • ISBN 9784408536408
  • 品切
    電子書籍あり