小河正義

小河正義

(オゴウマサヨシ)

航空評論家、元日本経済新聞社編集委員。
1943年3月生まれ、香川県高松市出身。慶應大学文学部卒。日本経済新聞社で航空、運輸担当記者として活躍。ボーイングの全盛時代をリードしたフィリップ・コンデイットCEOと親しかった。同氏を主賓に1994年秋「日米航空の夕べ」を企画、立案。官界、産業界の航空関連幹部たち850名が一堂に会したイベントは日本の航空界とボーイングの関係を揺るぎのないものにし、中部国際空港プロジェクトを加速させた。独特の航空、軍事情報には定評がある。ロシアのプーチン政権にも情報網があり、日露関係にも詳しい。(2013年01月31日現在)