王敏

王敏

(ワンミン)

Wang Min
1954年河北省承徳市生まれ。大連外国語学院日本語学部卒業。四川外国語学院修了。1982年国費留学生として宮城教育大学に留学。お茶の水女子大学で人文科学博士号を取得。東京成徳大学教授を経て、現在、法政大学教授。専攻は日中の比較文化と文化関係、綜合的日本研究、宮澤賢治研究。日中関係史をはじめ、東アジア文化研究の第一人者として活躍中。主な著書に、『鏡の国としての日本―互いの参照枠となる日中関係』『日本と中国 相互誤解の構造』『宮澤賢治、中国に翔ける思い』『日中比較・生活文化考』『中国シンボル・イメージ図典』『<意>の文化と<情>の文化』『日中文化の交差点』『アジアの日本観』など、多数。(2012年9月6日現在)

 吉祥ありがた図鑑 幸運をもたらす干支のいわれ

吉祥ありがた図鑑 幸運をもたらす干支のいわれ

十二支の動物に託された招福

幸運をもたらすと信じられ、慣習的に生活に定着している七福神や干支など招福シンボルの由縁をたずね、その歴史や意味を再発見する。

  • 新書判224ページ
  • 20120906発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 9784408109534
  • 品切重版未定
 決定版 中国古典ジョーク集

決定版 中国古典ジョーク集

豊かな歴史が育んだ、笑いの処世術

「助長」も「矛盾」も「朝三暮四」も元は中国の古典ジョーク。格言から下ネタまで、三千年の歴史が育んだ奥深い笑いを誘う傑作集。

  • 新書判192ページ
  • 20070720発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 9784408107073
  • 品切重版未定