和田秀樹

和田秀樹

(ワダヒデキ)

精神科医。1960年生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、カール・メニンガー精神医学校(アメリカ)国際フェローなどを経て、現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック(アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニック)院長。心理学、教育問題、老人・介護問題、人材開発、受験などのフィールドを中心に、数多くの単行本を執筆し、テレビ、ラジオ、雑誌、ブログなどでも精力的に活動中。 2007年12月劇映画初監督作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀作品賞受賞、2013年12月には第二回監督作品『「わたし」の人生』でも同映画祭の4部門で受賞。主な著書に『受験は要領』(PHP文庫)、『テレビの大罪』(新潮新書)、『感情的にならない本』(PHP文庫)ほか多数。