吉越浩一郎

吉越浩一郎

(ヨシコシコウイチロウ)

1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、1972年に上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。極東ドイツ農産物振興会、メリタジャパン、メリタ香港の勤務を経て1983年にトリンプ・インターナショナル(香港)に入社。1986年よりトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社に勤務。1987年代表取締役副社長、1992年に代表取締役社長に就任。即断即決経営や、「早朝会議」「ノー残業デー」「がんばるタイム」などのユニークな制度を武器に19期連続増収増益を達成。2004年には「平成の名経営者100人」(日本経済新聞社)に選出された。2006年同社退社後は、東京と南フランスの2ヶ所を拠点にしつつ、国内各地で幅広く講演・執筆を行う。テレビのコメンテーターとしても活躍中。シンプルかつスピード感がある、効率的な働き方を提唱し、幅広い年代のビジネスマンから支持を得ている。主な著書に『どんどん決めて、どんどん動け!』(小社刊)、『「残業ゼロ」の仕事力』(日本能率協会マネジメントセンター)、『仕事ができる社員、できない社員』、『必ず「頭角を現す社員」45のルール』(以上、三笠書房)、『結果を出すリーダーの条件』(PHP研究所)など。(2012年11月10日現在)