森本敏

森本敏

(モリモトサトシ)

昭和16年生まれ。防衛大学理工学部卒業後、防衛庁入省。昭和52年に外務省アメリカ局安全保障課に出向。昭和54年外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など、一貫して安全保障の実務を担当。専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。平成4年より野村総研主席研究員(平成13年3月退職)。平成7年より慶応義塾大学・同大学院にて非常勤講師を兼任。平成9年より中央大学・同大学院にて客員教授(平成14年退任)。平成11年より政策研究大学院大学(平成15年退任)、聖心女子大学非常勤講師を兼任。平成12年より拓殖大学国際学部教授。平成17年より拓殖大学海外事情研究所所長兼同大学院教授(現職)。平成21年より東洋大学客員教授(平成22年退任)。平成21年8月初代防衛大臣補佐官に就任(9月退官)。平成24年6月民間人として初の防衛大臣に就任。(2012年6月現在)

 日本の瀬戸際

日本の瀬戸際東アジア最大の危機に日本は生き残れるか

東アジアの危機的な状態は、2011年から
2012年にかけて、さらに深刻化する危険性がある!

尖閣・北方領土問題や朝鮮情勢など、窮地に立たされている日本外交。今こそ、日本という国家の真の命運を軍事のプロが問う!

  • 四六判上製328ページ
  • 20110301発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 9784408108827
  • 品切重版未定