森達也

森達也

(モリタツヤ)

1956年広島県呉市生まれ。テレビ番組制作会社を経て独立。98年、ドキュメンタリー映画『A』を発表、各国映画祭に出品し、海外でも高い評価を受ける。続編『A2』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で審査員特別賞・市民賞を受賞。現在は執筆が中心。2011年、単行本『A3』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『放送禁止歌』『職業欄はエスパー』『死刑』『極私的メディア論』など、著書多数。 (2012年2月3日現在)

 メメント

メメント

人間は、自分が死ぬことを知っている唯一の生きものだ。

僕たち人間は自分が必ず死ぬことを知る唯一の生き物だ。じゃあ「死」ってなんだろう? 人気ドキュメンタリー作家のロングエッセイ。

  • A6判368ページ
  • 20120203発売
  • 本体価格 619円+税
  • ISBN 9784408550695
  • 在庫あり
    電子書籍あり
 メメント

メメント

森達也版<メメント・モリ>

排除したくても必ずそこにあり、目を逸らしてはならないもの。話題作『死刑』の著者が、“生と死”について思索するロングエッセイ。

  • 四六判292ページ
  • 20080829発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 9784408535388
  • 品切重版未定