森島寛晃

森島寛晃

(モリシマヒロアキ)

1972年4月30日広島県出身。166cm、62kg。大河FC(広島)から静岡県の東海大学第一高校(現=東海大学付属翔洋高校)を経て、91年、当時JSL2部のヤンマーディーゼルサッカー部に入団。94年には、Jリーグ入りを目指してセレッソ大阪と改称したチームをけん引し、プロ化1年目でJリーグ参入を達成。翌年には当時加茂周監督率いる日本代表にも召集され、続く岡田武史監督のもと、98年フランスW杯にも出場。一時、代表から遠ざかるも2000年には再び代表に復帰し、02年日韓W杯ではセレッソ大阪の本拠地長居スタジアムで行われたチュニジア戦で1得点を記録し、日本の決勝トーナメント進出に貢献した。01年、06年とJ2降格を経験するもチームに残留し、“ミスターセレッソ”としてサポーターに絶大なる人気を誇る。2008年に現役引退。現在はセレッソ大阪アンバサダーとして多方面で活躍する。(2010年2月5日現在)