平田寿蔵

平田寿蔵

(ヒラタトシゾウ)

1968年、京都府生まれ。
16歳のころより原因不明の腰痛に悩み、19歳で難病の「強直性脊椎炎」と診断される。この難病には治療法がなく、激しい苦痛を一生背負うことになる。30歳のときに霊能者の下ヨシ子師と出会い、病気を克服。その後、下ヨシ子師に弟子入りし、支配神の不動明王様を体内に入れて開眼。33歳のときに、下師が院主を務める「六水院」の京都支部長に就任する。2002年、テレビ番組『奇跡体験!アンビリーバボー』に出演、大反響を呼ぶ。現在も京都にて、さまざまな悩みを持った人々の霊障を鎮めるべく、浄霊を続けている。(2004年7月31日現在)