東川篤哉

東川篤哉

(ヒガシガワトクヤ)

1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。2002年、カッパ・ノベルス新人発掘シリーズ『密室の鍵貸します』でデビュー。11年、『謎解きはディナーのあとで』で本屋大賞受賞。ユーモア本格ミステリ屈指の書き手として幅広い世代から愛されている。著書に、『館島』『交換殺人には向かない夜』『放課後はミステリーとともに』『探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに』『ハッピーアワーは終わらない かがやき荘西荻探偵局』『伊勢佐木町探偵ブルース』『魔法使いと最後の事件』など多数。

 君に読ませたいミステリがあるんだ

君に読ませたいミステリがあるんだ

「推理」を愛するすべての人へ。
ミステリを書き、読むことの面白さが“過剰”に詰まったユーモアミステリの超快作、誕生!!

「君、ミステリは好きか?」鯉ケ窪学園高校1年の僕は、入学早々文芸部部長の美少女に翻弄され…大人気シリーズ待望の新章開幕!

  • 四六判304ページ
  • 20200710発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 9784408537580
  • 在庫あり
 マウンドの神様

マウンドの神様

甲子園をめざす少年たちの熱い夏――高校野球小説アンソロジー!

聖地・甲子園をめざし切磋琢磨する球児たちの汗、そして涙――野球を愛する人気作家が紡ぎだす、高校野球をめぐる8つの情景。

  • A6(文庫)判272ページ
  • 20170606発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 9784408553689
  • 在庫あり
    電子書籍あり
 放課後はミステリーとともに

放課後はミステリーとともに

ユーモア本格推理の決定版!

鯉ヶ窪学園の放課後は謎の事件でいっぱい。探偵部副部長・霧ヶ峰涼のギャグは冴えるが推理は五里霧中。果たして謎を解くのは誰?

  • A6判368ページ
  • 20131004発売
  • 本体価格 619円+税
  • ISBN 9784408551463
  • 在庫あり
    電子書籍あり
 放課後はミステリーとともに

放課後はミステリーとともに

ユーモア学園推理

鯉ヶ窪学園高等部の放課後は謎の事件でいっぱい。探偵部副部長・霧ヶ峰涼のギャグは冴えるが推理は五里霧中。果たして謎を解くのは誰?

  • 四六判304ページ
  • 20110218発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 9784408535845
  • 在庫あり
 殺意は必ず三度ある

殺意は必ず三度ある

鯉ヶ窪学園野球部で発生したベース盗難事件がさらに不可解な事態へ。学園探偵部のおとぼけ三人組が解決に乗り出すユーモア本格推理。

  • 新書判264ページ
  • 20060517発売
  • 本体価格 819円+税
  • ISBN 9784408504650
  • 品切重版未定
    電子書籍あり
 学ばない探偵たちの学園

学ばない探偵たちの学園

アイドルも在籍する私立鯉ヶ窪学園で盗撮カメラマンらしき男の死体が発見された。同校探偵部のとぼけた三人組が事件解決に乗り出す。

  • 新書判264ページ
  • 20040117発売
  • 本体価格 819円+税
  • ISBN 9784408504285
  • 品切重版未定
    電子書籍あり