津田倫男

津田倫男

(ツダミチオ)

1957年生まれ。(株)フレイムワーク・マネジメント代表。
都銀、米銀、欧州銀SVP、米系ベンチャーキャピタル日本代表を経て、2001年より現職。企業アドバイザーとして大手企業からベンチャー起業家まで、幅広く経営助言をする一方、企業研修を行ない、青山学院大学国際マネジメント研究科(社会人MBAコース)でも6年間、講師を勤めた。M&A・戦略的提携助言に23年、ベンチャー・スモールビジネスの総合支援に17年、新規事業開拓や海外進出の助言に10年の実績を持つ。スタンフォード・ビジネススクール卒業(MBA)。
主な著作に『老後に本当はいくら必要か』(祥伝社新書 2010年)、『M&A 世界最終戦争』(幻冬舎 2008年)、『外資系企業で成功する人、失敗する人』(PHP新書 2008年)、『十代の留学が子供の未来をひらく』(文藝春秋 2007年)、『M&A 時代の企業防衛術』(朝日新書 2007年)、『敵対的買収を生き抜く』(文春新書 2006年)ほかがある。(2010年12月18日現在)