特集・記事
編集部

映画「総理の夫」公開記念 東京・パリ2都市生中継舞台挨拶で、原田マハ×田中圭×中谷美紀のトークが実現! 

共有する
関連ワード

大ヒット上映中の映画「総理の夫」の舞台挨拶が10月4日に丸の内TOEIにて開催され、主演の田中圭さん、中谷美紀さんと、原作者・原田マハさんのトークが実現しました。
原田さんはパリの書斎からリモートでの出演です。3日前に緊急事態宣言が解除となり、劇場では久しぶりに満員のお客様を迎え、熱気にあふれるイベントとなりました。

鳥類学者の御曹司である相馬日和を演じた田中さんについて、原田さんが「すごく素敵でしたね。田中さんの優しいところ、おちゃめなところ、『エッ、エッ、エッ!?』とアワアワしながら巻き込まれるところ――私が思い描いていた日和の姿に非常に近い感じがしました」と語ると、「ありがとうございます、僕の『素』が出たのかなと思っています(笑)」とコメントして場を和ませる田中さん。

一方、日本初の女性総理・相馬凛子を演じた中谷さんについて「まぶしすぎてクラっとするくらい。神々しくて、まさに女神そのもの」と感嘆する原田さんに、中谷さんは「原田さんが描かれた凛子の姿が、一点の濁りもないすがすがしい女性でした。私利私欲ではなくこの国の未来を想っている。日和くんのセリフにもありましたけれど、凛子はたまたま女性だった。彼女が理想を実現するために必要としたポストが総理大臣だった。そのことがしっくりきて、その想いだけで演じていました。……大変ですよね、女性として生きていくのって。今では女性に生まれてよかったと思いますが、そこに至るまでには色々悩んだり失敗したり、紆余曲折がありました。でも凛子に夢を託して、女性がより輝いて生きやすい社会になってくれたら。そしてひいては男性も子どもたちもお年を召した方々も、すべての方が幸せになってくれたらと思いながら演じておりました」と、凛子に込めた想いを語りました。

まだまだ続くトークの全文はwebジェイ・ノベルに掲載しております。

>>webジェイ・ノベルはこちら<<